可愛いアライグマも実は害獣|被害がひどくなる前に駆除

女の人

コンテンツ一覧

捕獲に必要な申請

ウーマン

アライグマがいた場合捕獲、駆除する必要がありますが、自分で捕獲を行なうには市町村の許可が必要です。手続きはわずらわしいので専門の駆除業者に依頼しましょう。まずは見積もりをとることをおすすめします。

詳細を読む

日本にも生息しています

男性

アライグマというと可愛らしいイメージがあります。アニメでもアライグマが主人公のものがありましたし、前足を使ってものを洗っている動画はテレビなどでもよく目にします。そもそも日本にいないと思っている人も多いようですが、アライグマは日本全国に生息しています。もともとは北米大陸が原産の動物でペットとして持ち込まれたものが逃げ出し繁殖したと考えられています。繁殖するにつれ、年々被害は多くなってきており、いろいろな被害を及ぼしています。そのためアライグマは害獣です。アライグマの害はいろいろあります。まずは農作物の被害です。畑や果樹園に侵入し、収穫前の果物や野菜を食い荒らすため、多くの農家が困っています。アライグマは他の動物に比べ指が長く器用なため、上手に指を使って果物を食べます。みかんの皮も剥くことができますし、スイカを器用に食べることも可能です。雑食のため農作物以外でも貴重な昆虫やカエルも食べ、鳥を襲うこともあるため、その土地の生態系に影響が出るとしても懸念されています。また最近ではその範囲を伸ばしてきており、山から離れた民家でも被害が多く出ています。屋根裏に住み着き、徘徊しているケースもあるため注意が必要です。アライグマの排泄物がたまると衛生的によくありませんし、また人に感染る菌をアライグマが持っている可能性がいわれています。このように多くの被害を及ぼすアライグマは、見つけた場合すぐに駆除しないといけません。しかし、自分で駆除するのは大変なので専門の業者に依頼しましょう。

侵入口を防いで再訪を防ぐ

アライグマ

自分で道具を用意してアライグマ対策することも可能ですが、場合によっては業者に依頼したほうが安上がりです。また業者は保証がついているところがあるので万が一アライグマが再訪しても無料で駆除してくれます。

詳細を読む

全国に対応している業者

ウーマン

近くにアライグマ駆除業者がない場合インターネットを利用すると業者が見つかります。大手の業者は全国に対応しているため、どこでも利用することができます。業者を選ぶときは害獣の種類にあわせた業者を選ぶようにしましょう。

詳細を読む